Majestouch Stingray 【薄銀軸】

僕は愛用している。Filcoという会社のキーボードを。理由は一つしかない。ピカピカする数多あるキーボードより安く、十分に良質なものであるからだ。簡単に言えばピカピカ代金を払う気はないが、ゲーミング用途において十分な性能のキーボードを求めている。

ゲーミング用途におけるスペックの高さ

ゲームで強いキーボードとは何だろうか。ほぼすべてのキーを同時に押しても反応するNキーオーバーなどは標準的になってきている昨今では、キー入力から、反応までの速度の速さが重視されてきている。

指がキーを押し始めてから、キーが入力されるまでの速さだ。

何故Majestouch Stingrayなのか

そんな中、僕が何故、Majestouch Stingrayを選ぶのか。それはCherryMX LowProfile赤軸というアクチュエ―ションポイント(押してから反応するまで)1.2mmと数ある軸の中でも非常に速い軸を採用する。テンキーレスキーボードであり、値段が手頃だからだ!

値段も大事だ!1万2000円でこれが買えるって本当に凄いことだ!

ゲーミング用途において最安なのではないだろうか!

MX LOW PROFILE RED - MX LOW PROFILE - CherryMX
The CHERRY MX Low Profile RGB Red has a very shallow profile and is specially designed for flat desktop applications as well as notebooks.

↑CherryMXの赤薄軸のページ

DIATEC|ダイヤテック :CHERRY MXスイッチとは
FILCOキーボードの製造・販売を行うダイヤテック株式会社です。

↑すごくわかりやすい解説が書いてあるDiatecさんのサイト

さて、もっと早い軸があるとすれば…どうだろうか…

MX LOW PROFILE SPEED(SILVER)

簡単に言えばゲーム用途最強と言われた、銀軸(アクチュエ―ションポイント(押してから反応するまで)1.2mm(薄赤軸と同じ)をさらに進化させた。

薄 銀 軸

MX LOW PROFILE SPEED - MX LOW PROFILE - CherryMX

詳細はここでも見ておいてください。

そしてその軸を使用した Majestouch Stingray 薄銀軸 がこれだ。

薄い、銀軸…!!

既にほこりっぽくなっててごめんなさい🙇

実はFILCO様のご厚意でお借りすることが出来ました(借りただけです、記事を書き終わったので返却済です)

まとめ

 キータッチが静かで、値段が安く、アクチュエーションポイントの浅い軸を採用している。ゲーム用途においてこれほど優れたキーボードが日本国内に埋もれているとは、思いもよらなかったのではないだろうか。

 ピカピカと光る海外の最強ゲーミングデバイスを販売するメーカーたちのキーボードは決して悪い物ではないが、値段と性能を見比べると、このMajestouch Stingrayは最良の選択肢に躍り出てくる。

 その中でも今回発売されたCERRY MX LOW PROFILE ”SPEED”を採用した。このNEW Majestouch Stingrayは2020年の歴史に名を残す最強のキーボードになるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました