ゲーミングチェアの必要性

未分類

椅子はとても大切です

椅子は凄く大切だ。1日4時間ゲームをするなら、一か月で100時間以上をその椅子に座って過ごすことになる。プレイしやすさや、座り心地も当然大切だが、粗悪な椅子に座っていては腰を痛めてしまう。そんな大切な椅子だが、万人にお勧めできる最強の椅子、最強のゲーミングチェアというのは存在しない。何故なら私とあなたでは体格も違えば体重、机の高さも違うのだ。出来る事ならマウスなどと同様に触ってみて、座ってみてから購入して欲しい。今回の記事では値段の安い順に紹介していくが決してやすい物=粗悪な物ということではない。安い椅子がお尻と腰にフィットする人も世の中には当然存在するからである。それを踏まえて今回の記事を読んで頂きたい。

ダイソー 100円

少し低めの机にお座りのあなたにお勧めの椅子はこれだ。大人が上に乗ることも出来る耐久性を持ち合わせていながら折り畳むことも可能な利便性を兼ね備えている。また、値段が安いのでいつでも何個でも用意することが出来る点も評価したい。

不二貿易4000円

こちらはAmazonで販売されている不二貿易様の4000円の木の椅子。シンプルなデザインだがお尻には柔らかいクッションが搭載されていて、誰のお尻にも心地よくフィットする。木製であり非常に堅牢なこの椅子は何年にもわたって使える事だろう。

Dxracer 39800円

こちらはAmazonで販売されているDxracer様の39800円のゲーミングチェアだ。長時間ゲームをすることに特化したそのデザインは優美で佳麗なまとまりをもっている。その目を引くカラーとデザインの良さもさることながら、座り心地が非常によく、長時間ゲームをする為に作られた椅子であることから値段分の価値ある椅子となっている。

本気の椅子の世界に飛び出す

ゲーミングに特化している。という括りは確かに魅力的だが、オフィスで普段働くサラリーマンたち、日に8時間~12時間を椅子で過ごす人たちは一体どのような椅子で仕事をしているのだろうか。恐ろしいほどの機能性と座りやすさ、最高クラスの世界はどこなのだろうか。ちなみに社長椅子のような革張りでラグジュアリーな物は今回該当しないものとする。

代表的な国産椅子メーカーKOKUYO。その商品の中から一つを紹介したい。

KOKUYO INSPINE

【座る姿勢を、固定的ではなく、動的に捉える。エルゴノミクスチェアの新たな進化。】

公式サイトにはこう書かれており、他の椅子にはない様々な機能が備わったこの椅子は、長時間座ることにおいて最高峰の機能を発揮する。椅子で作業すること、そして体への負担を最小限にすることだけを考えられて作られた椅子。

なんとお値段、Amazonにて約15万円也。

おわりに

僕が座っている椅子は少し古いが、KOKUYOのフォスター(お値段13万)である。最近ではKOKUYOのアガタや、ウィザード3などがとてもオススメできる。コストパフォーマンスに優れたゲーム用のDxracerは良い物だし財布と相談すると最高の選択肢ともなりえる。しかしながら椅子の中で最強なのか?と問われると疑問が残る面もある。ゲーミングイヤホンしかり、ゲーミングキーボードしかり、ゲーミングと書かれているものよりも本気でその道のプロがその道の最高峰を作っている商品の方が優れている場合は多くある。野良連合はオーテクの5万のイヤホンを使っているだろう?そういうことなんだよ。しかしながら値段と価値を考えて「ゲームの為にどの椅子に座るのか?」と聞かれればDxracerと僕は答える。何故ならコストパフォーマンスが圧倒的にDxracerが勝っているからである、Fin。ということでDxracerさん、僕にDxracerを一つください。

独身童貞無職肥満で60~70歳を迎える予定の僕は、少しでも良い椅子に座って腰を労わっていきたいところだ。

え?まず痩せろって?

ウルセェよ!

コメント